カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良くのんびり暮らしています。
主人の英才教育のお陰で?レディースよりもメンズファッションに詳しくなりつつある今日この頃。自分の方向性を見失っています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:イタリア
ベッキオ橋を渡り、ピッティ宮へ向かいます。

20170304_b.png

庭園の中は飲み物など販売していないだろうと思い、その前に辺りにある屋台で水を購入。
庭園内では自販機みたいなのを一台だけ見掛けましたが、広大すぎてその場所に上手く行けるかわからないので買って入った方が良いと思います。

ここではさほど並ぶこともなく、チケットを購入できました。
共通券しかありませんので、どこへ行くかあらかじめ決めておいた方が良いでしょう。
ボーボリ庭園のみ目当てだったので、銀器博物館、衣装博物館、陶磁器博物館、バルディーニ庭園、ボーボリ庭園の共通券を購入。
大人1人、10ユーロでした。

せっかくの共通券でしたが、ボーボリ庭園だけしか見ていないのは少しもったいなかったかな…

20170304_g.png

入って手前にパラティナ美術館の入口があり、一番奥にボーボリ庭園の入口があります。

20170304_d.png
遠くにドォーモの頭が見えています。

ボーボリ庭園はピッティ宮の裏手に広がる広大な庭園(およそ東京ドームくらいの広さ)で、トスカーナ大公コジモ・ディ・メディチ1世のお妃、エレオノーラ・ディ・トレドがピッティ家から土地を買い取り、造らせました。
イタリア庭園のモデルケースと言われているだそうです。

とにかく広大で、本当にここで花とか愛でてたんですかと疑いたくなるほど。
「ちょっと花が見たいわ」って宮殿から見れる距離にない…
山登りのような感じで相当歩いてその場所まで行かないと花なんて愛でられないでしょ…と思いました。

きっと当時は馬車かなんかを下々の者に用意させて庭園を楽しんでいたのでしょうね。
時の権力者は違いますなぁ

20170304_c.png
円形劇場
かつてはピッティ宮建設の為の採掘場でした。
その跡地を利用して1630~1634年に劇場が造られたそう。

トイレは円形劇場に行く手前にあります。無料でした。

20170304_e.png
糸杉の大通り
真っ直ぐに降りるとローマ門があります。
急斜面…上るの大変そう…

20170304_f.png
糸杉の大通りを迂回し、森の中を抜けて再び円形劇場のある場所まで戻りました。

真夏のボーボリ庭園ではあまり観光客もおらず、走り回れるのでチビちゃん大喜び。
「こっちに行ってみよう!」と探検家気取り
ちびっ子に良いかも。

再びベッキオ橋を渡り、フィレンツェの中心地へ戻ります。

20170304_h.png
ステンドグラスの看板が素敵。

橋のたもと付近に前にフッィレンツェに来た時に毎日行っていたジェラート屋があったのですが、現在はジェラート屋はありましたが、どうも同じ店ではなかったです。
やたらと値段が高かったし。6ユーロとかそれくらい。
前に買った時は2.4ユーロとかだったのに夏は需要の関係で高くなるのか?

そして晩ご飯は再び中央市場へ。

20170304_a.png
ステーキを頼むとポテトとパン付き。

フィレンツェと言ったらトスカーナ牛ですよね。
トスカーナ牛かどうかは定かではありませんがこれがめちゃめちゃ美味しかった
今までに食べたお肉の中でベスト3に入ります。

量が多くて食べきれず、ホテルに持ち帰り翌日の朝にまた食べてみたら…
お肉の柔らかいこと
翌日も柔らかく美味しく食べれるって凄くないですか?
えらい感動しました

中央市場に行ったらぜひお肉屋さんでお肉を焼いてもらって食べてほしい。

そして最後の晩餐を終えてイタリア旅行を終えたのでした。
特に怪我もなく、懸念していたチビちゃんの行方不明事件も起きずに無事に過ごせました。

前よりも物売りのお兄さん達が多く、ドォーモ周辺に武器を持った軍人がいたのが印象的でした。
それでも気を付けていればフィレンツェの治安は悪くない方だと思います。
観光客多いし。

このイタリアの人を惹きつけてやまない魅力はなんでしょうねぇ…
何度行ってもまた行きたいと思わせますよね。

また行きたいなぁ…


↓そして帰国したのでした↓

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ