FC2ブログ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:おたまじゃくし
幼稚園でチビちゃんがおたまじゃくし27匹捕獲して来ました。

20160510_a.png

他のお母様方の話によると

・食べる物がないと共食いする
・水が汚れにくいので小松菜が良い
・タンパク質をあげるのも良い

というわけでさっそく小松菜を投入。
すごい勢いで食いついて来てビックリしました。

カエルになったらどうやって育てるのかなと思い調べてみると…

・カエルになると生きている虫しか食べない
・ハエ、コオロギ、ゴキブリの幼虫などが好物
・子ガエルはおたまじゃくしに食べられる事もある


けっこう背中がゾワゾワするようなお食事をなさるみたいですね
チビちゃんが「家で買う!」ときかないもので身近な小さい虫をつかまえてみることにしましたが
コンクリートジャングルではなかなか手頃な虫が見つからず…
アリは攻撃性が強いので子ガエルが危険だし
アブラムシがついている植物が近場で見つからず…
電車で行ける距離のお店に行ってみたらコオロギは売ってるけど幼虫はいないとの事。

そんなこんなで子ガエルになった二匹が天に召されてしまったので
チビちゃんに言い聞かせて幼稚園へ帰すことにしました。
元の場所に帰ってもらうのが一番良いのかも
幼稚園の先生によると他の方も毎日そうやって子ガエルを戻しに来られますよとの事でした。

田んぼとかにはウヨウヨとわりと大きめのカエルがいますが
そこまで成長するのにはけっこう大変で長く生き抜いた猛者達なのねと感慨深かったです

とりあえずチビちゃんには子カエルを帰してくるように虫かごを持たせましたが
またおたまじゃくしを持って帰って来そうな予感。。。。


↓おたまじゃくしはわりと何でも食べるそう↓

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ