FC2ブログ

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:日常のこと
すっかりどこもかしこもクリスマスですね

クリスマスツリー

この時期はツリーや電飾が華やかで楽しい気分になりますね

目がチカチカします

子供の頃はサンタさんからのプレゼントがそれはそれは楽しみにしていました。
朝起きた時の驚きと感動と言ったら

大人になってもサンタさんプレゼントくれないかな~
朝目覚めるとリビングにプレゼントが
というサプライズをハズバンドに期待しているのですが。。。

そんなこんなで先日、私達親子はクリスマスコンサートを楽しんで来ました

ズーラシアンブラスのコンサートです。

インドライオンや北極クマ達が楽器を演奏するんですヨ。

日本で一番人気のクラシックのコンサートだそうで
2ヶ月前にはチケットは完売だそうです

指揮者の方曰く
オーケストラよりも客席の方が賑やかで世界的に有名だそうです。
な~るほどね

曲と曲の間に指揮者の方の漫談?みたいなのがちょいちょい入ります(笑)
ですが、演奏内容はかなり本格的でした

30分くらいはチビちゃんも体を揺らしてノリノリで大人しく聞いていましたが、
それ以降は泣きはしないものの膝の上で立ってみたり前の席を触ってみたり落ち着かなかったです。

でも、他の子供や赤ちゃんもそんな感じですので気兼ねなく親もコンサートを楽しめます
赤ちゃんもOKなクラシックのコンサートなんてまず無いのでとてもお勧めです。

本物のクラシック音楽を聴かせるのも子供の情操教育に何たらかんたらでとても良いですしね。

私もクラシックのコンサートだなんて何年ぶりだろう…
有名な曲ばかりが選曲されていて聴きやすかったです。

素晴らしい音楽にうっとり~な1日でした
また来年も親子で聴きに行きたいなぁ


↓よろしければポチっと押して下さると嬉しいです

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

コメント

クラシック♪

びえんぬさん、こんにちは^0^

クリスマス、もう間近に迫ってきてますね~♪

しかも雰囲気の良い場所で、親子揃ってのクラシックコンサート(^0^)!!なんて素敵なんですか!?

僕もクラシックコンサートに行った覚えがあるのは…(汗)たまにはそういうのんびりを「音」を楽しむ時間もあっても良いものですね~♪

>しょうちんさん

しょうちんさん、こんにちは☆

クリスマスが来たらもうお正月ですね!
そして気が付けば2012年もあと半月くらいに…
時が経つのが早すぎてビックリです(>_<)

良い音楽を聴いて心が豊かになりました(*^_^*)
このクラシックコンサートは0歳からOKなので
本当にお勧めですよ♪
いちおう全国でコンサートをしているみたいなので
近くにやってきた時にはぜひぜひ☆
まだ腰の座っていない赤ちゃんもたくさんいましたよ~

びえんぬさんこんばんわ~

クリスマスムードも高まって来ましたね~
家の娘も今か今かと首を長~くして待ってます(笑)

そんな中でのクラシックコンサート
お子さんも参加出来るってのはホントに珍しいですよね~
名曲達にとても癒されたのではないでしょうか

娘を連れてクラシックなんていいかもです~(>。<)/

>Haruruさん

Haruruさん、こんばんは☆

そうですよね~ちびっ子にとってはクリスマスは
楽しくてしょうがないイベントですよね♪
あと何日!とカウントダウンをしていそうですね(^_^)

素晴らしい音楽に癒されました~
心が満たされた感じです(*^_^*)

クラシックコンサートお勧めです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ