FC2ブログ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:松江・出雲
境港での滞在時間は3時間ほどでした

松江に帰って来たのが15時過ぎくらいでしたかね

まだ時間あるじゃん

というわけで再び松江を散策です。
松江は記念館や美術館など見どころがたくさんあるんですよねぇ~

境港から直行バスで松江城に降車ができたので松江城に戻ってきました。

松江城から塩見縄手へと向かい、小泉八雲記念館へ行きます

20200214_a.jpg
塩見縄手

こちらの景観は「日本の道百選」に選ばれています

塩見縄手に武家屋敷が並び、その中の建物の一つが小泉八雲記念館です
ラフカディオ・ハーン=小泉八雲

記念館の2階にライブラリーがあり、そこで「鷹の爪団の吉田君」が小泉八雲の怪談をおもしろわかりやすく解説してくれている動画が見れるので、チビちゃんはそこで動画を見入っていました

ユーチューブにもUPされているのでご覧になってみてはいかが
ユーチューブ 怪談 吉田君 で検索

20200214_c.jpg
お堀の鳥たち

20200214_d.jpg

お城のすぐそばにある宍道湖が日本でも有数の渡り鳥の飛来地な為か、鳥が多いなぁという印象でした

20200214_b.jpg
夕暮れ時の松江城

そして松江と言えば、お茶大名として有名な不昧公(松平治郷)のお膝元
ここは和菓子を食べねばというわけで和菓子も購入

風流堂の妖怪羊羹

20200214_e.jpg

一反木綿の絵柄ですが、本格的な和菓子のお味
上品な味で、お茶にあう

いわゆるキャラ物にありがちな残念な味ではなくて、本当に美味しかったです
(バン〇イの出しているお菓子の味にはけっこう悲しい思いをさせられているので・・・)

不昧公のおかげ?で松江ではお茶が発達し、銘菓と呼ばれる和菓子も多く生まれたそうです。

こうして、城に妖怪に文学と、非常に盛りだくさんな一日を終えたのでした

次は出雲大社へと行きます


↓また松江に行きたいなぁ↓

web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ