FC2ブログ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:日常のこと
ここ最近、何の落ち度もない親子や子どもが亡くなる事件が多くて、言い知れぬ恐怖と不安に駆られています。

今朝起きた川崎の小学校の事件は、犯人らしき人物が自害したと知った時に
「死ぬなら一人で死ねば良いじゃん」と真っ先に思ってしまいました。
テレビのコメンテーターもはっきりとテレビでそう言っていました。

私はSNSもしていないのでちょっとわからないのですが、SNS上でもそういった過激なコメントが多いそうです。

普通の日常を送っていた人がこんな形で巻き込まれたら誰しもそう思うのは自然というか、真っ当な気持ちだと思うのですがでも、それじゃあダメなんですって。

詳しくはこちら↓
藤田孝典さんの記事

過去の事件でも、被告は「社会に対する怨恨」や「幸せそうな人々への怨恨」があり、社会に対して恨みを募らせている場合がある。
「社会は辛い自分に何もしてくれない」という一方的な感情を持ち、その主張がいかに理不尽で一方的な理由であれ、そう思ってしまう人々の一部が凶行に及ぶことを阻止しなければならない。
人間は原則として、自分が大事にされていなければ、他者を大事に思いやることはできない。
社会全体でこれ以上、凶行が繰り返されないように、他者への言葉の発信や想いの伝え方に注意をいただきたい。

という内容です(一部抜粋しました)

他者への言葉の発信や想いの伝え方に注意をいただきたい

という点が大事だと思いました。



web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ