FC2ブログ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:イタリア
9時54分のイタロに乗る為にサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へと行きます。
ホテルから駅までは近いのでとっても便利

早めに駅に行ってもどこのホームにとまるのかは掲示されていません。ですが、到着5分前とかそれくらいになると急に電光掲示板みたいなところに表示されます。
日本人の感覚からすると15分くらい前には到着ホームで待っていたいところ。。。ギリギリまでわかりません

20170221_a.png
真っ赤なボディのイタロにテンション上がる

20170221_c.png
フェラーリを連想させてかっこいい

20170221_b.png
しかし、近くでみると意外と汚れているという…

あ、そう言えばサンタ・マリア・ノヴェッラ駅構内のトイレは有料です。0.5ユーロとかコインが必要です。
つわものは、出口から出て来たお客さんの後にゲートが空いているうちに出口から入るということをしていました。改札をすりぬけるような感じで。。。ずるいよ

いちおう定時にイタロは出発しました。
乗車して初めて向かい合わせの席だったことに気がつくのですが(詳しくはこちら)特に揺れも無く乗り心地は良くて、ひたすらチビちゃんと絵を描いて過ごしていました。

プリマの席は飲み物とスナックのサービスがあります。

車内からの風景は何のへんてつもない田舎の景色が続きますが、ベネツィアが近付いてくると急に水辺の景色に。
周りのお客さんが急にカメラなどを向け始めるので私もそれに続きビデオカメラスタンバイです(笑)

水の都ベネツィアに到着です
ベネツィアには2つの駅がありますが、メストレ駅(Venezia Mestre)の方ではなくてサンタ・ルチア駅(Venezia Santa Lucia)の方ですヨ。

20170221_d.png
画像では一部分しか風景がお見せできないのが本当に残念です。
水の都の美しさと言ったら是非その目で確かめて頂きたい
駅を出てから「うわぁぁ……」と言葉を無くします。ホントに。

20170221_e.png
サンタ・ルチア駅正面

けっこう大きな駅で、綺麗なコンビニやお土産屋さんなんかもくっついてあります。

とりあえず、滞在時間は6時間しかないので、さっそくヴィポレット(水上ボート)の乗車券を買わなくては

サンタ・ルチア駅を出てすぐ目の前にあるフェロービア(Ferrovia)で乗車券を買うのですが、さすがに駅の真ん前だけあって長蛇の列が。20分くらい並んでそこで買いました。
駅近くでもっと空いている場所で乗車券を買えるところもあるかもしれません。穴場的な。そこは調べ物不足でした

日本で買ったベネツィアの旅行本には「ヴィポレットは12時間券と24時間券と…」といくつか種類があると書いてありましたが、12時間券は無くて24時間券しかありませんでした
※2016年夏の時点の話です
掲示されていた料金表には12時間券の料金は載っていませんでした。聞けばあったのかな?
24時間券で一人20ユーロでした。なので大人二名で40ユーロ。
チビちゃんの分はは特に買いませんでした。

とにかく乗車券を無事に手に入れた事ですし、さっそくムラーノ島へ行きます。
フェロービア(Ferrovia)から3番ボートで向かいます。
3番だと、島への直行便なので25分くらいで行けますが、それ以外の4.2番のボートとかだともっと時間が掛かってしまいます。

その3番ボートを待つのにさらに30分くらい掛かり、ボートが無事に来ても人数オーバーで乗り切れない事も。。。
夏のベネツィアは大にぎわいです。

ここまででムラーノ島へ行くまでに1時間は経過しているという…
あぁ……時間が~

そしていよいよムラーノ島へ行くボートに乗り込みます


↓ベネツィアは本当に素晴らしいところ↓

web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ