FC2ブログ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:上海
夕食を終えた私達は新天地へと向かいました

新天地は中国+フランスを合わせたような雰囲気のお洒落スポットです

行ってビックリ

外でビールを飲んでいる欧米人っぽい人が多く
まるでヨーロッパに来たかのような雰囲気でした

スタバもあり

良い感じの街並み

私達も外の席でビールでも…と思いましたが
慣れない海外でちょっと怖い気もしたので買い物だけすることに

新天地は可愛い雑貨のお店も多く、お土産を買うのにとても良い所だと思います

ひとしきりお店を見て回っていたら
けっこうな時間になってしまったのでホテルへ戻ります

旅行計画はAちゃんに丸投げしていた挙句
気乗りのしていない旅行でしたが
思っていたより街もキレイで良い感じ

部屋で女子会を少しだけして就寝です

** 翌日 **

ホテルは朝食が付いており、バイキング形式でした
スクランブルエッグやフルーツなんかも普通に置いてあって美味しそう

・・・・・。

パンを少しだけいただいて、持参していたミネラルウォーターを飲んで朝食終了です

独特の調味料?を使っているみたいで
独特の味と臭いがするのです
食欲をそそられる感じではない系の…

その後に食べる食事も全部そんな臭いと味がしたのですよね~
中国ではかなりポピュラーな調味料なのでしょうか…

静かに朝食を終えてホテルを出ます

この日はお昼過ぎくらいからツアーを組んでいたので
ツアーに入っていない豫園に午前中に行きます

ホテルの外では常に
「金ノネックレスアルヨ」
と客引きをしているおばさんに遭遇します(笑)

タクシーを拾い、
地図を広げながら
「貴様、遠回りして料金上げるんじゃないわよ」
と威嚇するような態度をとりつつ豫園に到着です

着いたと同時に2段階くらい料金を上げられたので
普通に日本語で「これおかしいだろ、ふざけるな」と抗議

運転手は「ボクチン日本語わからないもん、ぷ~ん」という態度をとり続けるので
「2元くらいくれてやるわい」とその時は諦めました

某○球の歩き方には「何色のタクシーが安全」と書かれていましたが
色はあまり関係ないように思えました

色よりもタクシー運転手の人相が一番分かりやすいと思います
やっぱりそういう悪事をする運転手は胡散臭い顔をしています

ですが、上海でタクシーをひろうのはけっこう大変なので
(タクシーを利用する人が多く、早くしないと他に乗られてしまう)
人相で選んでもいられないのですが…

気を取り直して豫園に向かいます

豫園商城

上海と言ったら豫園!というくらいメジャーな観光地だそうで
中に入ったらたくさんの観光客がいます

観光客がたくさん!

日本人のツアー客も何組か見掛けました
タクシーで嫌なことがあったばかりなので
日本人の姿を見てちょっと癒されました(笑)

豫園は豫園商城の中にあります
入場料を払わなくてはなりません
入場では特にぼったくられることなく入れました

風光明媚

豫園の中はとても広く、観光客の姿もまばらでとても静かです

面白い出入り口
面白い形の出入り口
ところどころに壁をくり抜いたような特徴的な出入り口がありました

屋根の上にも像が
屋根の上にも龍や鹿などいろいろな像が乗っています

静かな園内
豫園の中にも中国茶の客引きがいますのでご注意
「オ茶ヲノムダケデモヨイネ」と言葉巧みに近付いて来ます

出口

豫園商城内の商店街

豫園を後にして豫園商城のお店をふらふら

私達が日本人とわかるとお店の人達は
「時計100元デアルヨ!50元デモイイヨ!」
といきなり半額でふっかけて来たりします

元の値段は一体いくらなのだろう…
ここでは特に何も買いませんでした

豫園を堪能した私達は一度ホテルへ戻ります


旅行記はまだ続きます↓

web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ