FC2ブログ

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:イギリス
3日目の予定は
靴の聖地ノーザンプトンへ行きます。

今回の旅行の目的はノーザンプトンへ行くこと…
と、言っても過言ではないくらい
ハズバンドのテンションが高いこと高いこと…

ノーザンプトンはイギリスの有名な靴の工場が全てある場所です。
しかも、工場では日本で買うより
かなりリーズナブルな値段で買えるとのこと。
靴好きのハズバンドにとっては小躍りする場所です。

お目当てのJohn Lobb(ジョン・ロブ)の工場が
お昼休憩を挟んでしまうようなので、
早起きして午前中に着くように出発です。

ノーザンプトンまでは
地下鉄のユーストン駅から国鉄に乗り換えて約1時間くらいです。

どうでもよいのですが、
このユーストン駅…
トイレが有料でした。
小銭を持ち歩いてて良かった~
しかし
乗った電車にもトイレはついていたのでした…(しかも無料)
とほほ

電車でウトウトしつつノーザンプトンに到着。
駅周辺、何もない…
普通の観光客は来ないだろうなぁ…

近くのホテルの超親切なお姉さんに
タクシーを呼んでもらい10分くらいで工場へ到着。
(よく見たら駅前にはタクシーがとまっていた気がするので
そこから目的地に行っても良いかも…
でも住所くらいは調べて行った方が無難だと思います)

靴の工場は住宅街の中にあるのでしょうか…
あんまり「工場」という感じがしません。
でもしっかり入口には「John Lobb」って書いてありました

休憩中の関係者らしき人が
ドアの外にいたので
その人が扉を開けてくれました。
(入口は勝手に入っていいものか迷うくらい普通の家のドアみたいな感じ)

2階へ上がるとかの有名なJohn Lobbおばさんのいる部屋へ。
(このおばさん、私たちが行ったすぐ後に定年退職したそうです)

靴が箱に入ってずら~っと並んでいます。
「サイズは?」「どんなのを探してるの?」的なことを
おばさんに聞かれてハズバンドのお買い物開始です。

女性物の靴は置いていないので
私は部屋のソファーに座ってずっと
あ~でもない、こ~でもないと靴のダメ出しをしていました
(あとはおばちゃんの仕事っぷりを観察していました。
箱に値札と名称のシールを貼っていました)

私、靴には詳しくないのですが
佇まいと言うか、やっぱりオーラが違いますよね
そんな靴が山積みされているのですから
靴好きには本当にたまらない聖地なのでしょうなぁ

途中、ボロボロのスーツを着た人がやってきたり
(たぶん靴のバイヤーさんと思われます。
イギリスではボロボロの服を着た人がお洒落さんらしい…
わざとスーツなどをヨレヨレにして着るそうです)
工場で勤務されている日本人の方とお話をしたり
(John Lobbって日本人の方勤めているんですね。ビックリです。
ハズバンドは直々にサイズ合わせをしてもらって
その時に記入してもらったメモ用紙を家宝のように大事に保管しています)

2~3時間くらいいたと思います。

お値段に驚愕しつつ、お会計を済ませ
おばさんにタクシーを呼んでもらい駅に帰りました。

これがその時の戦利品です↓
kutu.jpg
左 Penzance(ペンザンス)
真ん中William(ウィリアム)
右PhilipⅡ(フィリップツー)


…あんまり靴を買いすぎると
私の靴の置き場所が無くて困るのですが…

でも、ハズバンドがとっっっても楽しそうにしていたので
良しとしましょう

私が引くくらい楽しそうでした

本当は工場の中を写真撮影したかったのですが
チキンな私には出来ませんでした
工場は狭くて何だか撮影とかそういう雰囲気じゃあないのですもの

ノーザンプトンを後にした私たちは
またロンドン市街へ戻ります。

↓よろしければポチっと押して下さると嬉しいです

web拍手 by FC2

続きを読む »

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ