FC2ブログ

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:妊娠・出産・育児
出産が予定帝王切開に決まりました。

逆子ちゃんがずっと治っていないからでした。

自分の母も周りも普通に自然分娩をされている方ばかりなので
まさか自分が帝王切開になるとは
でも、検診の時からずっと逆子だったので、
特にショックではありませんでした。

大人の都合で誕生日が決められてしまうのと、
陣痛の痛みがわからないのが残念…くらいの認識でした。

しかし、医師の説明で
「極端に言えば、帝王切開は赤ちゃんへのリスクはないが、
母体にリスクがある。
肺血栓症(エコノミー症候群)と言って、血栓が肺まで到達した場合即死です。
また、第二子を出産する場合も子宮破裂の危険性がある為、基本的に帝王切開になります」
というようなざっくりとした説明でした。

即死という言葉にかなりショックを受けました。
「え、帝王切開ってそんなに危険なものなの?」と。
(普通の手術の危険性とかわらないそうです)

しかし、逆子の場合の普通分娩は頭が最後に出てきてしまうと
赤ちゃんが窒息してしまう場合があるということで
帝王切開での出産をすることに決めました。

とても怖がりな私は「即死」という言葉にビクビクしながら
出産当日を迎えるのでした…

↓よろしければポチっと押して下さると嬉しいです

web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ