カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良くのんびり暮らしています。
主人の英才教育のお陰で?レディースよりもメンズファッションに詳しくなりつつある今日この頃。自分の方向性を見失っています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
DATE: CATEGORY:上海
上海最終日です

上海の有名な観光地は回れたと思うので
それなりにお腹いっぱいの満足した旅行でした

初日は食事やトイレ事情にかなり戸惑いましたが
だんだんと慣れて来て
ホテル前にいつもいる「金ノネックレスアルヨ」の客引きおばさんにも
だんだんと親しみを感じるようになりました

上海は中国でも一番所得の高い人達が住んでいるそうなのですが
道端で寝ている人や客引きおばさんのような人はまだまだたくさんいました

日本へ帰る便は午後14~15時くらいでしたので
午前中は空いていましたが、近くを散策してゆったり過ごすことにしました

ホテルのすぐ隣の通りです
ホテルのすぐ隣り

この通りに売店があったのでいつもそこで水を買っていました

中国版電話BOX
中国版の電話ボックス

日本では最近もう見ないですね

一歩通りに入るとこんな感じ

栄えている通りもあったり…
スーパーやコンビニなんかもありました

この時スーパーの中を見ていたら
なぜかお店の人にマークされて複数の人に取り囲まれました

急いで店から出て何ともありませんでしたが
とても怖かったです

デジカメを手に持ち歩いていたのがいけなかったのだと思います
盗撮すると思われたのかなぁ…

中国版ポスト
中国版ポスト

シンプルな作りで可愛らしいです

電話ボックスといい
極彩色が好きなのでしょうか

散策後はホテル近くのスターバックスで休憩

中国の人はお店の店員さんでも基本的に無愛想なのですが
スタバの人はやたらと感じが良い気がしました

社員教育がきちんとされているのでしょうか

スタバで今回の旅行の思い出話しなんかをして
最終的には「日本に帰って早くみそ汁飲みたい」という感じだったと思います

しょっぱい味がとても恋しくなるのはなぜでしょう

上海は街自体の見掛けはキレイでした
裏に入ると高層ビルとはかけ離れている古い土臭い感じがあって
とても不思議なところでした

基本的には観光地なので
中国旅行を初めてする人には良いのではないかと思います
外資系の有名ホテルもいっぱいありますし

旅行の際にはトイレとタクシーには注意ですが

日本に帰って来てからハズバンドに会ったら
「何だか日本語がおかしい…」と言われました
若干片言だったそうです(笑)

片言の日本語を聞いていて少しうつったみたいです

一緒に旅行に行ったお友達はお腹を壊していました
水が合わなかったみたいですね

行ったのは3~4年前なので
今はずいぶん景観も変わっているのでしょうね~

その時の旅行で上海の代表的な観光地は回れたので
とうぶん上海に行くことは無いと思います…


次は北京旅行記の予定です↓

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:上海
豫園からホテルへと戻ってきた私達
この時はお昼はとらなかった気がします…
手持ちのカロリー○イト的なものを食べました

ホテルでちょっと休憩をしてツアーのガイドさんとホテルロビーで待ち合わせです

この時のガイドさんは年齢が私達と同じ男性で
気さくな感じの中国の方でした

日本語がとても上手でしたが
日本にはまだ行ったことがないと言ってたなぁ

帰り際には彼と一緒に記念撮影なんかもしたのですが
去年の大規模な反日運動には参加したのかな…
ちょっと悲しいです

さて、最初に行く場所は上海テレビ塔(東方明珠電視塔)です
上海のシンボルみたいな塔ですね

ガイドさんに連れられて地下鉄に乗ります

地下道
タンクトップ…

中はこんな感じです
中はこんな感じ

ドラえもんのタイムマシンに乗ったような感じで
トンネルの中が電飾でチカチカしていました

トンネルを抜けるとテレビ塔がすぐに見えてきます

上海テレビ塔はスカイツリーが出来るまではアジアで1番の高さだったそうです

テレビで良く見たことあるような感じ!
かろうじて晴れ間が少しだけ見えてますね…

テレビ塔が見えてくるとテンションも上がります

小さそうに見えますがかなり大きいです
下から

画像だとそこまで大きく見えないのですが
かなり大きかったです

だだっ広い広場にやたらと大きなタワーがど~んとある感じでした

中はこんな感じ
ちゃんと並んでいます

10~15分くらい並んで上ります

わ~中国が一望できる~
万里の長城見えるかなワクワク
とか思っていたら何だかどんよりとしていて全然遠くまで見えません…

どんよりしている…

大気汚染…PM2,5…なのかな…

続どんよりしている…

テレビ塔のある地区周辺はまだまだ開発途中でした

そこまで景色を堪能できずに次の場所まで移動です

中国茶の体験だそうです

私達の接客をしてくれたのは20代くらいの若いお姉さんでした
小柄で可愛らしい感じの人です

「お姉さん可愛いっ」と言っていたら
ちょっと照れていました(笑)

何となくちょこっとだけ目のところを伏せました
福建省出身だそうです
後ろのお姉さんがやる気なさげに立っていますね…

何万回と同じこと言ってますという感じで
早口でお茶の説明をしてくれます

あ、そうそう中国の人はとても早口で普通にしゃべっていても
何だか怒られているような気になります

茶器をコロコロとしてお茶をいただきます

淹れたては美味しかったです

お姉さんのテレフォンショッピングのようなセールスを適当に受け流して
次は上海の夜景を見に行きます

夜景は船に乗って見学します
夜景クルーズ

どこかが100万ドルの夜景なら
上海の夜景は10万ドルくらいと誰かが言っていました

さっき行った上海テレビ塔
さっき見に行ったテレビ塔です
何だか宇宙船みたいですね~

欧米風の街並み

左側の屋上に花が乗っているような建物は
ウェスティンホテルです
すごく目立っていました

上海の森ビル

上海にも森ビルが建っています
真ん中の一番高いビルが森ビルです

今回は行きませんでしたが森ビルにも展望室があるんですよね

夜景を堪能して2日目が終了です

ツアーを組んでいた方が安全且つ効率的に観光地を回れますね
お金は掛かりますが
タクシーで嫌な思いをしなくてすみますし

翌日の午後の便で日本へ帰ります
午前中は特に観光地へは行かずにホテル周辺を散策です


上海旅行記は次で終わります↓

web拍手 by FC2

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:上海
夕食を終えた私達は新天地へと向かいました

新天地は中国+フランスを合わせたような雰囲気のお洒落スポットです

行ってビックリ

外でビールを飲んでいる欧米人っぽい人が多く
まるでヨーロッパに来たかのような雰囲気でした

スタバもあり

良い感じの街並み

私達も外の席でビールでも…と思いましたが
慣れない海外でちょっと怖い気もしたので買い物だけすることに

新天地は可愛い雑貨のお店も多く、お土産を買うのにとても良い所だと思います

ひとしきりお店を見て回っていたら
けっこうな時間になってしまったのでホテルへ戻ります

旅行計画はAちゃんに丸投げしていた挙句
気乗りのしていない旅行でしたが
思っていたより街もキレイで良い感じ

部屋で女子会を少しだけして就寝です

** 翌日 **

ホテルは朝食が付いており、バイキング形式でした
スクランブルエッグやフルーツなんかも普通に置いてあって美味しそう

・・・・・。

パンを少しだけいただいて、持参していたミネラルウォーターを飲んで朝食終了です

独特の調味料?を使っているみたいで
独特の味と臭いがするのです
食欲をそそられる感じではない系の…

その後に食べる食事も全部そんな臭いと味がしたのですよね~
中国ではかなりポピュラーな調味料なのでしょうか…

静かに朝食を終えてホテルを出ます

この日はお昼過ぎくらいからツアーを組んでいたので
ツアーに入っていない豫園に午前中に行きます

ホテルの外では常に
「金ノネックレスアルヨ」
と客引きをしているおばさんに遭遇します(笑)

タクシーを拾い、
地図を広げながら
「貴様、遠回りして料金上げるんじゃないわよ」
と威嚇するような態度をとりつつ豫園に到着です

着いたと同時に2段階くらい料金を上げられたので
普通に日本語で「これおかしいだろ、ふざけるな」と抗議

運転手は「ボクチン日本語わからないもん、ぷ~ん」という態度をとり続けるので
「2元くらいくれてやるわい」とその時は諦めました

某○球の歩き方には「何色のタクシーが安全」と書かれていましたが
色はあまり関係ないように思えました

色よりもタクシー運転手の人相が一番分かりやすいと思います
やっぱりそういう悪事をする運転手は胡散臭い顔をしています

ですが、上海でタクシーをひろうのはけっこう大変なので
(タクシーを利用する人が多く、早くしないと他に乗られてしまう)
人相で選んでもいられないのですが…

気を取り直して豫園に向かいます

豫園商城

上海と言ったら豫園!というくらいメジャーな観光地だそうで
中に入ったらたくさんの観光客がいます

観光客がたくさん!

日本人のツアー客も何組か見掛けました
タクシーで嫌なことがあったばかりなので
日本人の姿を見てちょっと癒されました(笑)

豫園は豫園商城の中にあります
入場料を払わなくてはなりません
入場では特にぼったくられることなく入れました

風光明媚

豫園の中はとても広く、観光客の姿もまばらでとても静かです

面白い出入り口
面白い形の出入り口
ところどころに壁をくり抜いたような特徴的な出入り口がありました

屋根の上にも像が
屋根の上にも龍や鹿などいろいろな像が乗っています

静かな園内
豫園の中にも中国茶の客引きがいますのでご注意
「オ茶ヲノムダケデモヨイネ」と言葉巧みに近付いて来ます

出口

豫園商城内の商店街

豫園を後にして豫園商城のお店をふらふら

私達が日本人とわかるとお店の人達は
「時計100元デアルヨ!50元デモイイヨ!」
といきなり半額でふっかけて来たりします

元の値段は一体いくらなのだろう…
ここでは特に何も買いませんでした

豫園を堪能した私達は一度ホテルへ戻ります


旅行記はまだ続きます↓

web拍手 by FC2

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:上海
すっかり春らしく暖かい日が続いてますね~

春は花粉と黄砂とPM2,5さえなければ最高なのですが…

そんな中突然ですが、しばらく中国旅行の記事をアップしたいと思います

結婚する前に友達と2年連続で中国旅行に行ったことがあり
その時のことをしばらく記事にします

ハズバンドから「どんなものだったのか知りたい」
という要望がありまして

3~4年前のことなので
懐かしい気分になりながらアップしていきます



*******************



なぜ中国かというと、いろいろとまとめてくれているAちゃんの一任でした(笑)
みんなの日程と「中国だったら安いし…」とかそんな理由だったと思います

Aちゃんは中国留学経験があり中国ならかってがそこそこ分かるとのことでした
Aちゃん情報によると中国はトイレにトイレットペーパーが無いところが多いので
持って行った方が良いということでした

実際にAちゃんはトイレットペーパーを1ロール持ち歩いていました

いろいろと不安を覚えつつ、2泊3日の上海旅行です

3時間くらいで着いたと思います
中国ってやっぱり近いのねぇ

お昼過ぎくらいに上海空港に到着です

上海空港

当時はそこまで大気汚染のことは報道されていなかったのですが
すでに何だか空が薄暗いですね…

その時マスクはしていなかったので大量の汚染物質を吸ったのでしょうね…

空港はだだっ広かったです

上海万博のあった後だったので、
空港や道路も整備されていてそこそこキレイでした

空港からホテルへ

なんちゃってペニンシュラ

私達が泊まったのはペニンシュラホテル
上海はペニンシュラホテルが2つあって
私達が泊まった方は本物ではない方のペニンシュラです
トホホ…

それでも一応四星ホテルなので、
まぁまぁでした
日本のビジネスホテル下くらいでしょうか
ホテルの廊下にあるトイレの扉は壊れてました…

さっそく夕飯を食べる場所まで移動です

夕飯は有名な梅龍鎮酒家でとります

風格があります

梅龍鎮酒家はデパートが立ち並ぶ南京西路から少し入ったところにあります
目の前は伊勢丹がありました

VIPも訪れる超有名な料理店だそうです

夕食まで少し時間があるので付近のデパートをうろうろ…

明るい店内

けっこう近代的でキレイ
有名なブランド店もちらほらありましたが
全部偽物に見えてしまうのは偏見でしょうか…

そんなこんなでぼーっと立っているだけの
店員さんの冷ややかな視線を感じつつ店内を見て周りました

伊勢丹だったらトイレにトイレットペーパーがあるだろうと思って入ったら
ビックリ
無いんですよね、これが(今はどうなっているかわからない)

伊勢丹レベルでこの状況…
日系の百貨店ですよね

かなりショックを受けました
Aちゃんの言っていたことは本当だったと…

それ以降、私達はトイレをやたらと意識する事態に
「今行っておかないと、この先トイレ無いよ!」みたいな(笑)

当初Aちゃんがトイレットペーパーを持ち歩いている姿に笑っていましたが
持ち歩きのトイレットペーパーに本当に助かりました
Aちゃん…あの時は笑ってごめんね

お腹も空いて来たので梅龍鎮酒家に戻ります

梅龍鎮酒家ではがっついてしまったので画像無しです

料理はとても美味しかったです

本場の味を堪能して大満足の夕飯でした

この味が中国のスタンダードだと思い込んだ私達は今後の食事に少し困ることに…


中国旅行記はまだ続きます↓

web拍手 by FC2

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2017 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。