FC2ブログ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

びえんぬ

Author:びえんぬ
猫と昼寝と甘い物をこよなく愛するびえんぬです。買い物好きのハズバンドと、息子のチビちゃんと仲良く暮らしています。
生涯の目標は47都道府県の水族館と県立博物館に行くことです。
海が好きです。くらげが好き。ピラルクはもっと好き。
どうぞよろしくお願いします。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


リンク


最新トラックバック


カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:松江・出雲
山陰地方には初めて行きましたが、すごーく良いところでした

2泊3日で、松江・境港・出雲と回りました。

記事には書いていませんが、温泉にも入ったりと他にもいろいろとしていたんですねー

もりだくさん過ぎて少し急ぎ足だったかなぁと思います

松江は見所がたくさんで、もっとじっくり見て回りたかったし、出雲も境内をもっと散策したかった。雨が降っていた・・・というのもありますが。

出雲大社近くには竹内まりやさんのご実家が営んでいる旅館もあるそうで見てみたかったなー

境港では海の幸も堪能したかったし、徒歩で行けるらしい市場もあるそうなので行ってみたかったー

もっと水木しげる記念館にいても良かったし、お化け屋敷なんかもあるらしいです。

島根は石見銀山も見てみたいし、玉造温泉にも行ってみたいなぁ

食事も美味しいし、みどころたくさんだし、今度は親を連れて行っても良いかもなぁと思いました。

今年、もし良いこと?があればきちんと出雲大社に行ってお礼を言ってこないとねぇ


↓本当に良いところでした↓

web拍手 by FC2

続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:松江・出雲
ぜんざいを食べた後はいよいよ参拝です。

雨はますます激しくなってきて「おぉ神よ、怒りを鎮めたまえ」と口ずさんだとかしないとか・・・

20200217_a.jpg

私たちのような遠方からの観光客だけでなく、関西近郊の方々もよく参拝に来られるようで道路はめちゃ混み、駐車場はどこも満車なようでした

1月だしね。そうだよね。出雲大社だもんね。そりゃ来るよね

さて、出雲大社の主祭神は「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」です。
だいこく様として広く親しまれています。

旧暦の10月、「神在月」に全国から神様が集結してそれぞれの氏子の縁組の相談をする・・・ということからキングオブ縁結びの神社として超有名です。

恋愛で有名なのかしら

と思いきや、男女の縁だけでなく人々を取り巻くあらゆる繋がりのご縁のことだそう。

若い女子達の姿も多かったですが、ご家族連れや男性同士などなどいろいろな方が参拝に来ていました

20200217_b.jpg

国譲り神話でも有名でありますが、
地上(現世)の世界が天照大神
目に見えない世界、幽世の世界は大国主大神
が治めることになったそうな。

人と人との縁なんかは目に見せないですもんね
そのあたりも神話からきているようですねー

で、噂によると天照大神が祀られている伊勢神宮は、出雲大社の方を向いているらしいです。見張ってるのかな

でも、出雲大社のご神体である大国主大神は正面ではなくそっぽを向いている(西を向いている)そうなんですよねぇ

相当に仲が悪そう・・・と思うのは私だけではないはず

20200217_c.jpg
拝殿

ご本殿へ参拝をした後に突如、あられが降って来ましてね

それまでは雨だったのが急にあられですよ
あられに降られること自体がそもそもなかったのに、このタイミングで降られるとは・・・

しかもザっとあられが降って、また3秒後くらいに雨に戻ったという・・・

「あい、わかった」か「けしからん」かどっちだろうねーーと言い合っていました

20200217_d.jpg
ウサギたち

初めて御朱印帳なるものを出雲大社で買いまして、御朱印は出雲大社からスタートです。
いくつか御朱印をもらったら記事にしようと思っています。

出雲大社はひんやりとしており、とても荘厳な感じでした。身の引き締まる思いと言いますか・・・

令和の初めに参拝に行って良かったなと思いました。

出雲大社を後にした私たちはそのまま出雲駅へと行き、飛行機に乗り帰宅したのでした。


↓出雲大社良かったなぁ↓

web拍手 by FC2

テーマ : 神社・仏閣巡り - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:松江・出雲
あいにく雨はザーザーでしたが、出雲大社に着いた頃には早めのお昼の時間だったので昼食をとることに

出雲と言ったら「出雲そば」よね

出雲大社の参道には蕎麦屋がいくつもあります。
有名なお店もあるのでしょうが、雨が降っていたのですぐに入れるお店に入りました

20200216_a.jpg
出雲そば

出雲そばは3つの赤い漆器に重ねられていて、おつゆを直接器にかけて残ったおつゆをさらに下の段の器に入れて食べる・・・という食べ方だそう

蕎麦にこしがって甘めのおつゆで美味しかったです

そして出雲と言ったら「ぜんざい」よね
ということで蕎麦を食べてすぐにぜんざいを食べるという暴挙に出ることにしました。

おわかりいただけただろうか・・・
そう、蕎麦にも実はぜんざいがついていたのです。
その上、ぜんざいを食べるという・・・

まぁでもしょうがないよね

ご当地のものを食べねば

おやつの時間だとお店が混みそうだったので昼の時間に食べよう甘いものは別腹よ

案の定、特に待つこともなくお店に入れました

20200216_b.jpg
日本ぜんざい学会壱号店

出雲はぜんざい発祥の地なのです。

なぜ「ぜんざい」なのかというと、10月は「神無月(かんなづき)」ですが、出雲は10月には神様が集まってくる「神在月(かみありつき)」で、その月には「神在祭(かみありさい)」が行われます。
そこでふるまわれていたのが「神在餅(じんざいもち)」で、出雲弁でなまって「じんざい」→「ずんざい」→「ぜんざい」
になったそうです

20200216_c.jpg
ぜんざい

寒い日だったので、あったかくて甘くてつぶつぶで美味しかったぁ
蕎麦を食べた後だったので食べれるかと心配でしたが、ぺろっと食べれました

そして出雲大社へと向かいます

雨はますます激しく降り、神の怒りに触れたのかとびくびくでした

参拝前に食べるのは無礼だったかしら

つづく


↓雨さえなければもっと散策できたんですけど↓

web拍手 by FC2

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:松江・出雲
2泊3日の旅行も最終日です。
この日の夜に東京に戻ります。

予定としては

松江(松江しんじ湖温泉駅)→出雲大社前→JR出雲駅→出雲空港

JR出雲駅と一畑電車の出雲大社前は別の駅です。
JR出雲駅から出雲大社まではかなり距離があるので注意です

出雲大社から直接出雲空港に行くバスは1便しかなく、JR出雲駅から空港までのバスの方が本数があるのでこんな感じの移動になりました。

それに島根と言ったら出雲大社に参拝しない選択肢はないでしょう

まずは松江しんじ湖温泉駅まで行き、しじみを頂くことに。
宍道湖と言ったらしじみよね

松江しんじ湖駅から近くのしじみ館へと行きました

20200215_a.jpg
しじみバーガー

しじみエキスを練りこんだバンズにしじみと豆腐で作ったパテだそう
美味しかったです

これは秘密ですが、しじみの炊き込みご飯を注文したら、まさかの炊いていないという・・・えぇ

朝から寒い雨が降っていましたが、足湯にも入りお腹も満たしてぽかぽかでした

宍道湖産のしじみも購入

めっちゃ大きくて、あさりかと思ってしまう程

左がLLサイズで右がLサイズ
20200215_d.jpg

20200215_e.jpg

しじみも大きくて肉厚で美味しかったです
※画像は自宅で調理したしじみのみそ汁

しじみを堪能した後は、いよいよ一畑電車に乗って出雲大社まで移動します

20200215_b.jpg
一畑電車

どこかレトロでノスタルジーを感じます
映画の撮影にも使われたとか

20200215_c.jpg
宍道湖

海みたいに大きいのでした

一畑電車は景色が楽しめるように、一番先頭の車両の一部の席が窓側を向いています
(宍道湖を過ぎた辺りで反対向きになります)

一畑電車に揺られること約1時間

出雲大社前駅に到着です



↓一畑電車は良い感じでした↓

web拍手 by FC2

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

DATE: CATEGORY:松江・出雲
境港での滞在時間は3時間ほどでした

松江に帰って来たのが15時過ぎくらいでしたかね

まだ時間あるじゃん

というわけで再び松江を散策です。
松江は記念館や美術館など見どころがたくさんあるんですよねぇ~

境港から直行バスで松江城に降車ができたので松江城に戻ってきました。

松江城から塩見縄手へと向かい、小泉八雲記念館へ行きます

20200214_a.jpg
塩見縄手

こちらの景観は「日本の道百選」に選ばれています

塩見縄手に武家屋敷が並び、その中の建物の一つが小泉八雲記念館です
ラフカディオ・ハーン=小泉八雲

記念館の2階にライブラリーがあり、そこで「鷹の爪団の吉田君」が小泉八雲の怪談をおもしろわかりやすく解説してくれている動画が見れるので、チビちゃんはそこで動画を見入っていました

ユーチューブにもUPされているのでご覧になってみてはいかが
ユーチューブ 怪談 吉田君 で検索

20200214_c.jpg
お堀の鳥たち

20200214_d.jpg

お城のすぐそばにある宍道湖が日本でも有数の渡り鳥の飛来地な為か、鳥が多いなぁという印象でした

20200214_b.jpg
夕暮れ時の松江城

そして松江と言えば、お茶大名として有名な不昧公(松平治郷)のお膝元
ここは和菓子を食べねばというわけで和菓子も購入

風流堂の妖怪羊羹

20200214_e.jpg

一反木綿の絵柄ですが、本格的な和菓子のお味
上品な味で、お茶にあう

いわゆるキャラ物にありがちな残念な味ではなくて、本当に美味しかったです
(バン〇イの出しているお菓子の味にはけっこう悲しい思いをさせられているので・・・)

不昧公のおかげ?で松江ではお茶が発達し、銘菓と呼ばれる和菓子も多く生まれたそうです。

こうして、城に妖怪に文学と、非常に盛りだくさんな一日を終えたのでした

次は出雲大社へと行きます


↓また松江に行きたいなぁ↓

web拍手 by FC2

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行


copyright © 2020 南向きのベランダ all rights reserved.Powered by FC2ブログ